発注者支援業務とは

発注者支援業務とは

発注者支援業務 = 国の仕事のサポート、補助的な役割

発注者支援業務とは、国土交通省や地方整備局などが発注する公共工事で、発注者が行う業務を代行する補助業務です。
近年の「官から民へ」の流れと官公庁の人員不足を背景に、東日本大震災以後から増加している業務で、震災の復興やインフラ整備工事を中心に、民間会社が建設コンサルタント業務として行います。

高層ビルの工事現場

業務内容

一般企業ではできないような大規模な公共事業に携わる事ができます。
例えば、建設工事の発注者支援業務と道路や河川、ダムの公物管理補助業務、用地補償総合技術業務などです。
発注者支援業務の内訳には、工事発注用図面を作成する積算技術業務や施工管理を行う工事監督支援業務、成果物の確認を行う技術審査業務があります。また、公物管理補助業務は担当箇所の巡視や許認可審査、管理支援を実施します。

求められるスキル

発注者支援業務を行う際に求められるスキルは、建設現場で欠かせないコミュニケーション能力と正確性、柔軟性また、土木作業の経験や資格、設計に欠かせないCADの知識も求められます。即戦力を期待されているので、未経験よりも仕事内容を把握した現場経験を積んだ人の転職に向いています。

メリット

発注者支援業務を行うメリットは、今まで経験することがなかった大規模なプロジェクトに参加でき、視野を広げられることです。
支援業務の体験は、発注者側の立場になれる貴重な体験でもあり、周りのメンバーも変動するため、周りの人の仕事の進め方も参考になります。
今までに経験のないような様々な業務に携わることができ、技術者としてスキルを高めるチャンスを得られます。
また、「みなし公務員」として派遣されるため残業が少なく、完全週休二日制で、平日だけの勤務が可能で、ワークライフバランスを重視した生活を実現できます。

私たちは、新しい仲間を大募集しています。
発注者支援で、大規模なプロジェクトの技術者として活躍したい方、
最新の土木工事事業の技術的側面からのサポートを考えている方、
ぜひご応募ください。

お問い合わせ

採用情報や事業内容、発注者支援業務などの各種お問い合わせはこちらからお願いします。